夢や目標は願い続けることによりその思考は現実化する

たなかっち
こんにちは、たなかっち(@tanakatti777)です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

突然ですが、あなたは、小学生や中学生の時に、未来の自分に当てた手紙を書いたことがありますか?

もし、書いていたとしたら、実際にその手紙を受け取って読む時に結構、感動したり、過去の記憶が蘇ったりしますよね^^
 
 
と、なぜ突然このお話をさせていただいたのかと言いますと、実は僕自身、15歳の頃、20歳の自分に当てて書いた手紙を最近受け取ったんですよ!

……..

もちろん、タイムスリップじゃないですからね(笑)
 
 
以前の記事でも、お話させていただきましたが、僕は最近、成人式があり、地元の千葉県に帰りました。

▶︎ 成人式でのお話はこちら
 
 
で、その成人式のあとに、中学校の同窓会があり、僕も参加したわけなんですよ。

そして、まぁ何事もなく、成人式が終わろうとしたその時…..!
 
 
当時のクラスの担任から、成人を迎えた僕たちに向かって、

「ここでみんなに特別なプレゼントがあります!」

と、突然言い出したんです。
 
 
まぁ、それを聞いた僕としては、別に大したもんではないだろうなぁー。

と、あまり期待していなかったのですが、

何と、先生から渡された特別なプレゼントは……..!!!
 
 
 
当時15歳(中学3年生)の頃に書いた「二十才の私への手紙」。
 
 
……….
 
 
想像していた通り、やはり大したものではなかったです。(笑)

しかし、とは言っても、5年前の自分の書いた、自分への手紙とだけあって、結構、心を揺さぶるものもあったんですよ。
 
 
あなたも、数年前の自分が一体何を考えていて、将来の自分に向かってどんなことを望んでいたのか、そういったことを今の自分から覗いてみたいですよね。

そして、当時の自分が思い描いていた姿に、今の自分はなれているのか、それとも全く違う姿になってしまっているのか、その答えを合わせをするのも非常に面白いことです。
 
 
で、僕の場合は、どうだったのかと言いますと、

“15歳のときに思い描いていた姿を実現させ・当時の願望を叶えることができそう”

というのが、僕の結果でした。
 
 
 
つまり、どういうことなのかといいますと……

まずは、僕の手紙の内容をご覧ください!
 
 

二十才の私への手紙

生きていますか〜?

ちゃんとした生活おくっていますか〜?

自分は今、受験が終わりひまだけど元気だよ〜。

今、後ろの左角のほうでこの手紙を書いています。

暖かいよぉ〜。

自分は中学校を卒業後、高校では卓球をがんばるつもりだけど、ちゃんとがんばれてた?

ちなみに、目標はインターハイ出場ということがんばるぜ!!!!!

あと、中学校の同級生とは仲良くやってる?

高校では良い友達できた?

まぁ、質問いっぱい聞いても返事は帰ってこないんだけね。

でも、この質問でいろいろな思い出を思い出してね!!!

てへぺろ👅

今、(兄)や(弟)、お母さんは何やってる?

(兄)は心配なさそうだけど(弟)は今、遅刻ばっかりしてるから心配だな。

あと、お母さんにはすごく苦労させてしまってるから、お金をたくさんかせいで好きなことをやらせてあげようね。

バイバイ〜

以上です。

結構、アホ感丸出しですが、15歳の時はこんな感じでしたね。(笑)
 
 
 
しかし、そんなアホな僕でも当時から、

「お母さんにはすごく苦労させてしまってるから、お金をたくさんかせいで好きなことをやらせてあげよう」

ということを心に決めていたようです。
 
 
まぁ、僕自身、母子家庭で育ち、あまり満足する生活を送ることができていなかったのですが、それでも一番大変で辛かったのは、何と言っても母親ですからね。

そのことは、中学生のころの僕にだって理解できていたようです。
 
 
 
そして、「母親に好きなことをやらせてあげる」という当時の僕の願望は、もう時期叶います。

なので、

「15歳の田中よ!僕はやったぞ!もうすぐお前の願望を叶えられるぞ!」

と、耳元で叫んでやりたいですね。(笑)
 
 

というように、僕の場合は

“15歳のときに思い描いていた姿を実現させ・当時の願望を叶えることができそう”

が、15歳の自分と20歳の自分の、答え合わせの結果でした。
 
 
 
そこで、僕が感じたことは、「思考は現実化する」ということです。

僕は、「将来、母親を楽にさせてあげて、そして好きなことをやらせてあげる」ということを長年の間、思い続けてきました。
 
 
だからこそ、現在それを実現させることができる世界に出会うことができ、そしてサラリーマン以上のお金を稼ぎ出すことができるようになったわけです。

もちろん、その思いがなければ、僕は今もサラリーマンとして、田舎の工場で働き続けることになっていたでしょう。
 
 
そこで、僕からあなたにお伝えできることは、

「夢や目標を必ず願い続けてください」

ということです。
 
 
もし、あなたに、叶えたい夢や目標があるのならば、それは必ず叶います。

絶対にです。諦めないでください。
 
 
「自分には無理だから」

「叶えられるわけがない」
 
 
そんなくだらない感情は一切いりません。
 
 
 
“夢や目標は願い続けることによりその思考は現実化しますので”
 
 
 
では、今回のお話はこれで終わりにしたいと思います。

何だか熱くなってしまい、申し訳ございませんでした^^;
 
 

たなかっち
最後までお読みくださり、ありがとうございました!
 
 
 

LINE@でたなかっちへ喧嘩を売ぅ…友達申請!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です