世紀の大発見!?ブログは、“ゆで卵”!!?

たなかっち
こんばんは、たなかっちです。
 
 
ついに2019年も10月に入ったということで、町中のかぼちゃが、

いつもは人気ないけど、10月はやっとわいらが活躍できる出番やっ!

とかなりテンションが上がっておりますよね。
 
 
 
昨日もスーパーで買い物をしているときに、かぼちゃ同士が楽しそうに会話しているのが耳に入りました。
 
 
….いやまぁ、あなたたちはハロウィン用のかぼちゃではないんですけどね….泣
 
 
 
、、、、ということで本日は!

前回の9月29日(日)に投稿させていただいた内容の続きで、

ブログですぐに結果を出すためのシンプルな秘訣とは?

のもう一点、
 
 
PDCAをしっかりと回す

についてお話させていただけたらと思います♫
 
 

そこでもし、前回の「ノウハウ通り素直に実践する」をご覧になられていない場合は、まずこちらをご覧ください^^

ブログですぐに結果を出すためのシンプルな秘訣とは?
 
 
それでは早速本題に入っていきますね!

PDCAをしっかりと回す

まず、ブログで成果を出すためには、必ず“PDCAサイクル”というものを回さなくてはいけません。

といいますか、逆に“PDCAサイクル”さえしっかりと回すことができれば、ブログで成果を出すことは間違いなくできます。
 
 
では、“PDCAサイクル”とは一体何なのかといいますと、

Plan(計画)→Do実行)→Check評価)→Action改善

というサイクルのことで、一般的な企業では必ず使用されている手法なんですね^^
 
 
 
そこで、この“PDCAサイクル”を簡単に表しますと、
 
 
■Plan(計画)

→100mを10秒台で走る!
 
 
■Do(実行)

→実際に走る
 
 
■Check(評価)

→実際は何秒だったのか、「結果は11秒だった」
 
 
■Action(改善)

→スタートが若干遅かったから、もう少し早めを意識してみる
 
 
みたいな感じです。
 
 
 
そうして、なぜ目標(計画)が達成できなかったのを何度もサイクルを回して改善することにより、徐々に目標(計画)達成までに近づくことが分かりますよね。

で、これは、仕事でも勉強でも、スポーツでも、もちろんブログでも同じことが使えるというわけです。

それは何となくイメージできますよね^^
 
 
ではそこで、、、、、

あなたがもし、現在すでにブログを実践されている場合、
 
 
意識して常にPDCAサイクルを回せている
 
 
という状態でしょうか….?
 
 
 
どうですかね….^^

普段から、「何がダメなのか」、「何が足りないのか」、「何をすればアクセスが集まるのか」、そういった点を理解し、改善しながら日々の作業を繰り返していますか…?
 
 
……
 
 
…………………..
 
 
おそらく、あまり意識できていないですよね^^;
 
 
 
そのため実は、もし今のあなたが、

成果が出ていない

またはなかなか思うようにいかない

という状況の場合、

「評価」「改善」の部分を怠り、「計画」「行動」のところしか実践できていない

可能性が非常に高いのです。。。

「評価」「改善」の部分を怠ってしまうと….、

ではそうなると、一体どうなるかといいますと、

ずっと間違ったノウハウを実践し続けるしかできない

ということなんですね。
 
 
前回お伝えしましたように、

「ノウハウ通り素直に実践する」

そのためには、一度実践して、そしてその結果何がいけなかったのを知るためにも、何度も何度もノウハウやコンテンツを見直さなくていけません。
 
 
 
ですが、「評価」「改善」の部分がなくなってしまいますと、ノウハウやコンテンツを見直すことがなくなってしまうんですね。
 
 
ですので、

ノウハウの意味や本質を理解しないまま間違った方向でずっと行動だけをし続ける….、

そんな状態でうまくいくわけがありません。
 
 
 
だからこそ、

PDCAサイクル

が非常に重要なんですね。

“PDCAサイクル”実践編

そこで、“PDCAサイクル”のやり方を簡単に解説させていただきたいな、と思ったのですが、ここで、タイトルにありました、

ブログは、“ゆで卵”!!?

という意味不明な言葉の意味が明らかになります。笑
 
 
といいますのも、ブログで成果を出すのと、普通のゆで卵を作るのとでは、本質的な部分では全く一緒なんですね。
 
 
 
例えばですけど、一般的なゆで卵を作るときには、

生卵を中火で10分前後温める

というレシピがあります。
 
 
では、そこで、「ゆで卵初心者(通称:ユデオ)」が、

ゆで卵を作るには、生卵を中火で10分前後温めてください

というノウハウを元に、「ゆで卵を作ろう」としましょう。
 
 
 
たがしかし、ユデオは、ノウハウをあまりよく見ておらず、

生卵を火で温めればいいんだな!」と、認識し、
 
 
 
■Plan(計画)

→「生卵を火で温めよう!」

とします。
 
 
そのため、

■Do(実行)

→「生卵を弱火で2分温める」

という感じになります。
 
 
そうしますと、、、、、
 
 
 
結果は、

ちょっと暖かくなった生卵

の完成ですよね。笑
 
 
 
そして本来ならここで、

■Check(評価)

→「全然温まってなかったから、もう一度レシピを確認して、ゆで卵を作ってみよう!」

という結果のチェックをして、
 
 
■Action(改善)

→「よし、温める時間が少なかったみたいだな!ならもう少し温める時間を伸ばそう!」

という次回からの改善をする必要があるのです。

【2回目“PDCAサイクル”】

◆ノウハウ

ゆで卵を作るには、生卵を中火で10分前後温めてください
 
 
 
■Plan(計画)

→「生卵を火で10分温めよう!」
 
 
■Do(実行)

→「生卵を弱火で10分温める」
 
 
■Check(評価)

→「ちょっと硬くなったけど、まだ全体的にドロドロしてる」
 
 
■Action(改善)

→「全然温まってなかったから、もう一度レシピを確認して、ゆで卵を作ってみよう!」

→「あっ、よくみたら、火で温めるだけではなく、中火で温めてくださいって書いてある!」

【3回目“PDCAサイクル”】

◆ノウハウ

ゆで卵を作るには、生卵を中火で10分前後温めてください
 
 
 
■Plan(計画)

→「生卵を中火で10分前後温めよう!」
 
 
■Do(実行)

→「生卵を中火で10分前後温める」
 
 
■Check(評価)

→「まさに、ゆで卵。教科書通りのキングオブ・ザ・ゆで卵が完成」
 
 
■Action(改善)

→「もっと、美味しいゆで卵の作り方ないかな♪」
 
 
 
……ということで、
 
 
 
結果、

ノウハウ通りのゆで卵

が完成するわけなんですね。
 
 
 
しかし、多くの人が、「改善」と「評価」を疎かにしているため、間違ったノウハウのままをずっと実践し続け、

『ちょっと暖かくなった生卵』

を量産し続けているのです。
 
 
そして、全く「ゆで卵」が作れないため、

全然、ゆで卵食べれないやんけーーー!!

と、ゆで卵作りに挫折してしまい、殻にこもってしまうんですね。

行動するだけが全てではない

では、改めてどうでしょうか…?^^

ノウハウを確認した後に、「計画」し「行動」を行い、その行動に対しての結果を「評価(チェック)」し「改善」を行っていますか?
 
 
 
きっと多くの方が、「行動」までで終わっているはずですので、ご自身の現状を今一度振り返ってみてくださいね^^

“PDCAサイクル”は、成果を出すためには、必ず欠かせない方法になりますので。
 
 
 
ということで、もしあなたがブログを始められばかりでも、すぐに、2ヶ月、3ヶ月などで、ブログで成果を出されたい場合は、

ノウハウは何度も見直し、ノウハウ通り素直に実践できているか

PDCAはしっかりと回すことができているか

という2点について、一度よく見直してみてください!
 
 
この2点を徹底していけば、必ず成果がでるようになりますので♫
 
 
 
それでは、今回はこれで以上になります。

最後までお読みくださりありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です